みつだ-そう(▽ 密陀僧 )

一酸化鉛の一種。油を硬化させる働きがあり乾性油をつくる時に使う。できた乾性油を顔料と混ぜ合わせて絵を描いたものを密陀絵という。法隆寺所蔵の玉虫厨子(たまむしのずし)などに使われている日本の油絵である。

Copyright 2013 Mejirokai All Rights Reserved