はり-がき(▽針描)

ひっかきともいう。蒔絵を施した後、粉固めをする前に針状のもので引っ掻いて線文様を表す技法。葉脈や人の表情など細かい表現をしたいときに有効。ただしちょっとでも削りすぎたら後戻りはできないので、心臓に悪い。

Copyright 2013 Mejirokai All Rights Reserved