うるしの里から

うるしは、ウルシノキという植物の樹液。何年もかけて育った木の樹皮を刃物で削り、樹液をひとしずくひとしずくていねいに集め、使いやすいように精製してはじめて、商品としてのうるしが誕生します。この国のいったいどこで、どんなひとたちが、どんなふうにして、このうるしの文化を支え続けているのでしょう。

このページでは、2009年から2011年にかけて、日本の数少ない(ほんとうに数少ない)うるしの産地で見聞きしてきたことをお伝えします。

岩手県・浄法寺
joboji
Copyright 2013 Mejirokai All Rights Reserved