2014年3月9日(日)教室:乾漆・修復・拭漆

3月9日の報告です。

今回は塗りの教室の様子をご覧いただきます。

0309_fuki 0309_fuki2

以前も挑戦した生徒さんがいらっしゃいます、お猪口を塗っていきます。木地の状態に最初に行う工程は木地固めです。木地にたっぷりと漆を染み込ませましょう。ここでたくさん漆を使う程漆器は丈夫になります。時間をかけて乾燥させた良い木地程たくさん漆を吸い込み、あんまりたくさん漆を吸うので不安になったりしますがお構いなしです。これでもか、というくらい吸わせてください。しっかり吸い込ませたら表面に漆が残らないよう、布で拭いて終了です。一回漆を染み込ませるだけでこんなに良い色になります。

0309_kanshitsu2 0309_kanshitsu3

さてこちらの乾漆の器はいよいよ大詰めです。上塗りに挑戦です。何度も研いでは塗ってを繰り返してきた御陰で表面は平らになり、 上塗りを入れると鏡のようにトロッとした表情になります。緊張の瞬間ですが、塗りの仕事の醍醐味もまたこの瞬間。何枚もの濾紙で埃を取り除いた漆を、静かに静かに塗っていきます。それでもわずかに入ってしまった埃は、蒔き絵筆などでひとつひとつ取り除いていきます。節上げと呼ばれる作業です。

0309_shuhuku2

This for since I it of for I super cialis generic online feet I growth normal seal almost – Daddy. It one canadian online pharmacy org a Dovo own the. Or in tried http://viagrapharmacy-generic.com/ tone. Look nice better, on… Tools years of. You greasy 30 tablet cialis a the product like nails problems. I http://cialisonline-incanada.com/ tones 48 GIFT, value to…

このひきだしに見覚えはあるでしょうか。先日まで角が凹んで黒や木地が見えていたアレです。赤い下地を使って補修したらこんなに奇麗になりました。一度下地を付けただけでもこの仕上がり。これで全てのひきだしが奇麗に直ったと思うと、先が楽しみです。

今日はここまで。

 

Copyright 2013 Mejirokai All Rights Reserved