きめ-こみ(▽ 極込み)

蒔絵に併用される技法のひとつ。蒔絵の一部に穴を堀り、金の板金をその穴に沿わせるように貼り付ける技法。岩の凹凸や木の洞(うろ)を表すときなどに用いられる。

Copyright 2013 Mejirokai All Rights Reserved