つけ-がき(▽付描)

蒔絵における表現技法のひとつ。研出蒔絵や螺鈿の装飾が施された後、葉脈や人の表情といった微細な表現を平蒔絵であらわすことをいう。漆絵であらわす場合を言うこともある。筆さばきが顕著に仕上がりに影響するため、自由な表現が可能な楽しい技術とも言えるが、うかつに手を出すとやけどする。

Copyright 2013 Mejirokai All Rights Reserved